讃えよ! きしめん、味噌煮込、名古屋の麺

旧街道沿いの戦前からづつく麺類食堂 開治屋

投稿者: MIZUNO  投稿日: 2014年05月26日
分類: レトロ  名古屋市中村区  地域別きしめん  普通のきしめん 
 

20140514_132414

中村区大秋町といえば、私の書いた「信長公記で追う桶狭間への道」にも登場した大秋城址(今の大秋八幡社)のある古い街です。空襲で燃えなかったこともあって、昔のままの狭い道がうねうねと残っています。さすがに古い家屋はもう数えるほどになってしまっているのが残念ですが。名古屋駅の北、則武一丁目から西へ続く道は古い道で、特に今の環状線を超えて大秋町のあたりは一方通行の狭い道になります。その途中にあるのが開治屋さんです。

20140514_130149

70歳くらいの奥さんとその娘さん?という二人がお店にいました。テーブル4つほどの小さな小さなお店です。聞けば戦前からあって、もとは大須の方にあったけれど戦後にこちらへ来たのだとか。きしめんは390円です。定食にできますかと聞いたら「味噌汁つくけどいいかね」と。

20140514_132444

玉子焼きとサラダ、写真ではフタ取ってないですがもちろん赤だしです。きしめんは案外しっかりしたコシで、濃い目の出汁はいい味です。たっぷりある御飯のおかずになるだけの濃い出汁はやっぱりいいですね。750円でした。もう80年も続いているきしめん屋さんです。ぜひ今後も続いてほしいものですが…。
20140514_132519

 

店舗情報

店名 開治屋
住所 名古屋市中村区大秋町4-57
電話番号 052-471-8085

コメント

 

ツイッター google+ RSS

このブログについて

きしめん、味噌煮込み、カレー煮込みなど、名古屋には独自の麺メニューがありますけど、どうも最近は讃岐うどんとかのチェーン店に押され気味。
さらに普通のきしめん屋さんは経営者の高齢化も進んでいて、10年後にはかなりの店が閉まってしまうのではという危惧も。きしめんというと駅ホームの店がいつもマスコミに取り上げられますが、独自のきしめん店はあちこちにたくさんあるのです。

そこでこのブログでは名古屋きしめん文化がいつまでも続くよう、できるだけたくさんお店を紹介したいと思います。

また味噌煮込み(みそにこ)やカレー煮込み(カレーうどん)も名古屋の麺。こちらも少しずつ追加して行こうと思っています。

 

信長公記で追う桶狭間への道 広告

 
 

ツイッター・Facebook・RSS

RSS
RSSの登録はこちら

twitter
twitterのフォローはこちら



※フェイスブックページ準備中