讃えよ! きしめん、味噌煮込、名古屋の麺

ご主人、最近亡くなったそう。それでも復活の三嶋屋一社店

投稿者: MIZUNO  投稿日: 2014年07月07日
分類: 名古屋市名東区  地域別きしめん 
 

20140626_135637

上社の駅から北へ坂を登って、一本目を左(西)に曲がると三嶋屋があります。本店はどこだったっけ?。箸袋を見ると瑞穂店、大磯店、社台店、一社店(ココ)、平田店、刈谷店、甚目寺店、西春店、小幡店、東郷店と市内と近郊にくまなく店がありますね。今回の注文は外の黒板に書いてあったきしころ定食(850円)です。

20140626_135717

久々に来たこの店ですが、レジの会話が聞こえてきました。「最近閉まってたよね」「5月のはじめに大将が急に亡くなって、一緒にやってた奥さんと弟さんでまたはじめたんです」とのこと。へえ、そうだったんだ。60代くらいのご主人で、前回来た時など、なんかすごく忙しそうでしたから、無理がたたったのでしょうか。でも閉店されなくてひとまずは良かった。

20140626_140150

汁たっぷりのころきしは暖かいきしめんをそのまま冷たくしたみたいな感じ。とはいえ、まあ美味しいです。白身の魚フライとコロッケにはドロリとしたソースが掛かってます。個人的にはこれじゃなくて醤油かけるのが好きなんですけどね。850円は妥当でしょうけど、やはり先代のきしめん定食が良かった印象(http://nagoyamen.jp/2013/1141/)ゆえ、
もうちょっとがんばってもらいたいものです。

20140626_135721

 

店舗情報

店名 三嶋屋一社店
住所 名古屋市名東区高社1‐264
電話番号 052‐771‐6511

コメント

 

ツイッター google+ RSS

このブログについて

きしめん、味噌煮込み、カレー煮込みなど、名古屋には独自の麺メニューがありますけど、どうも最近は讃岐うどんとかのチェーン店に押され気味。
さらに普通のきしめん屋さんは経営者の高齢化も進んでいて、10年後にはかなりの店が閉まってしまうのではという危惧も。きしめんというと駅ホームの店がいつもマスコミに取り上げられますが、独自のきしめん店はあちこちにたくさんあるのです。

そこでこのブログでは名古屋きしめん文化がいつまでも続くよう、できるだけたくさんお店を紹介したいと思います。

また味噌煮込み(みそにこ)やカレー煮込み(カレーうどん)も名古屋の麺。こちらも少しずつ追加して行こうと思っています。

 

信長公記で追う桶狭間への道 広告

 
 

ツイッター・Facebook・RSS

RSS
RSSの登録はこちら

twitter
twitterのフォローはこちら



※フェイスブックページ準備中