讃えよ! きしめん、味噌煮込、名古屋の麺

愛スタ2 きぬあかりのきしめん、そして創作みそころ 饂飩坊一休

投稿者: MIZUNO  投稿日: 2014年09月30日
分類: みそきし  カテゴリーなし  名古屋市昭和区  地域別きしめん  種類別きしめん 
 

20140929_194940

愛知県産きぬあかりでうどんを打つともっちりとしたやわらかな感触になります。これできしめんを打ったらどうなるかなあ、などと考えていましたが、まずはもう一度、うどんを食べてみようと、八事交差点北西の饂飩坊一休へ行ってみました。最初は冷たいきつねうどんを注文。「茹でるのに20分お待ちください」とのこと。そしてメニューを見ていると、あれ、きしめんがある。この店は確かないはずなのですが。あわてて、うどんではなくきしめんでお願いしますと訂正。やれやれ、とメニューを見ていると、夏限定メニューでなんとみそころがある。さらにあわてて変更をお願いしたところ、快諾いただき、本当に安心して、おでんを食べながら(おでんにはみそでなく辛子がいいですね。このおでんがまたうまい)待つことしばし。

20140929_195025

みそころは想像と違って、麺に野菜サラダと具が乗り、さらにエビカツが5個。麺にはちょっとピリ辛な味噌だれがまぶしてありました。別にもうちょっと濃厚な感じの味噌だれが付き、こちらはエビカツにかけます。サクサクのエビカツに味噌カツのタレですから、これはもう美味しいとしか。名古屋人にはたまらない味であります。

20140929_195002

さて、きぬあかりのきしめん。うどんもそうですが透明感のあるこの麺は、独自の食感です。しっかりしたコシがあるというよりモチっとした弾力のあるコシ。エッジが立つというより角が丸い感覚といいますか。やわらかな感触なのに噛み切るには力がいる、という。
もうちょっと薄く伸ばしたらどういう感じなのだろうとも思いますが、伸ばすのはかなり難しいのかもしれません。ということで、ほかのきしめんメニューも食べに行かないと。特にプレーンなきぬあかりきしめんを食べておきたいものです。

20140929_194255

みそころの時は、おでんは辛子がいいですねw

 

店舗情報

店名 饂飩坊一休
住所 名古屋市昭和区広路町石坂16
電話番号 052-834-8340

コメント

 

ツイッター google+ RSS

このブログについて

きしめん、味噌煮込み、カレー煮込みなど、名古屋には独自の麺メニューがありますけど、どうも最近は讃岐うどんとかのチェーン店に押され気味。
さらに普通のきしめん屋さんは経営者の高齢化も進んでいて、10年後にはかなりの店が閉まってしまうのではという危惧も。きしめんというと駅ホームの店がいつもマスコミに取り上げられますが、独自のきしめん店はあちこちにたくさんあるのです。

そこでこのブログでは名古屋きしめん文化がいつまでも続くよう、できるだけたくさんお店を紹介したいと思います。

また味噌煮込み(みそにこ)やカレー煮込み(カレーうどん)も名古屋の麺。こちらも少しずつ追加して行こうと思っています。

 

信長公記で追う桶狭間への道 広告

 
 

ツイッター・Facebook・RSS

RSS
RSSの登録はこちら

twitter
twitterのフォローはこちら



※フェイスブックページ準備中